主管コンサルタント挨拶   会社概要/アクセス    主要実績    お問い合わせフォーム
有力なアジアコネクションとの深いつながり

残念なことに私たちには、「幅広いネットワーク」や「多方面・他分野に渡るネットワーク」はありません。
しかし私たちには、主要サポート国それぞれに、深く強い人脈があります。だからこそ、お客さまが求める、人、物、情報に的確にそして迅速に行きつくコンサルティングが可能なのです。
「こういう人物に会いたい」、「こんな原材料を調達したい」、「この分野の情報がほしい」…あなたの目的に合わせた実行力のあるコンサルティングで、アジアの国々にあなたのビジネスを渡す橋。
それが「bridge to asia」です。



2010年に株式会社CBSを立ち上げ、中国広東省に製造拠点を置き、自社ブランドの LED製品「SORA」を開発。日本基準の品質を保持しながら、安定的に生産されるまでの道のりを、自分自身で経験してまいりました。
その経験から学びとった成果として、このアジア進出サポート事業「bridge to asia」が誕生しました。
「bridge to asia」では、日本企業の海外進出支援のうち、特に「情報収集」と「交渉支援」に高い評価をいただいています。海外進出では、文化、商習慣、制度などの違いにより、さまざまな課題にぶつかることがあります。弊社は、そんな時に強い力となる現地コンサルタント及び現地のキーパーソンの方々との深い人脈により、課題を越えてお客さまの目的地へ橋をかけるサポートを目指しています。
「bridge to asia~アジアの架け橋」。
CBSは、これからもビジネスを相互に渡す橋として、お取引先の企業さまと現地企業、日本とアジア諸国、アジアと世界各国の経済交流に寄与してまいります。
御社のビジネスに「bridge to asia」をお役立ていただければ幸いです。

アジアでビジネスを展開する上では、現地での「人的ネットワーク力」「情報収集力」「直接交渉力」の3つが重要なポイントになります。 限られた予算と期限の中、進出国ごとの条件や規制をクリアして、プロジェクトを進めるには、人的ルートをたぐれる力、情報を収集・分析して目的到達する道を複数見つけ出せる力、現地に要求をしっかりと伝えるとともに、現地の要望を見極めて、正しい着地点を見つける力が、さまざまな場面で必要になります。 そのためCBSでは、直接のネットワークがある以下の国々を主要進出サポート対象国としています。



 中 国


CBSのLED事業部の製造拠点があり、新しい情報が入りやすい国。経済界、政界、学術界等の深いネットワークがあるほか、複数の現地エージェントがおり、スピーディーな目的達成を見込めます。

 香 港


CBSグループの貿易会社「株式会社CBSトレーディング」が現地法人として営業しており、素早い対応が可能です。
多業界に人脈があるため、リアルな情報を集めやすい国です。

 ベトナム


現地に法人及び紙袋製造工場を立ち上げた実績から、設立・雇用・調達・輸出などトータルな経験値が高い国。政府機関、大手企業などへの太いパイプがあり、多分野への進出サポートが可能です。

シンガポール


現地のビジネス界に精通したエージェントがおり、目的を達成するために、いち早くかつ粘り強く動きます。
投資や進出などに関する使える情報に定評があります。


※主要サポート対象国は、弊社現地オフィス(香港、上海)、提携工場、現地パートナー、政界・学会・経済界コネクションなど、
 弊社が直接ネットワークを保有しているか、これまでの進出サポート実績がある国々です。


海外進出・事前準備の良くある質問
※質問をクリックすると
 回答が表示されます。

主要サポート国以外の国は、サポート対象外ですか?

主要サポート対象国は、弊社が直接ネットワークを保有していますが、他のアジア諸国にも紹介などで現地とのコネクションをつくることができますので、サポート可能です。お気軽にご相談ください。

競合他社に進出計画を知られたくありません。

bridge to asiaでは、プロジェクトが完了するまで、競合する企業のコンサルティングを行うことはありません。また、進出サポートの際に知り得た取引先の情報を外部に提供することもございません。必要な場合は「守秘義務契約」を交わさせていただきます。



Pagetop